東京都足立区綾瀬のアットホームな料理教室。講師は元ニッポン放送女性アナウンサー。女性限定、マンツーマンレッスンが特徴。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

大根・・・日本は、その種類が世界で最も多く、古事記にも登場するほどおなじみの野菜。

葉つきの物を1本買ったら、葉と根を切り離し、葉はすぐに茹で、冷蔵か冷凍しましょう。根は、甘みのある上の部分は生でサラダに、辛い下の部分は漬物に、真ん中はおでんなどの煮物に。皮も捨てずにきんぴらなどに利用しましょう。

寒い日にフーフー言って食べたい茶碗蒸し・・・すが入らず、美味しく作るコツは?

卵の固まる温度は80度。だし汁は100度。この温度の違いがポイントです。85~90度を保つために、弱火にして必ずふたを少しずらしてください。勿論卵液は、しっかり濾す事をお忘れなく。滑らかな茶碗蒸しのできあがりです。

ごまは、栄養の宝庫!、ビタミン摂取や滋養効果が期待できる優れた食品です。

主成分は脂質ですが、コレステロールの沈着を防ぐリノール酸などが中心です。たんぱく質、カルシウム、鉄、ビタミンB1、Eなども豊富に含んでいます。皮を取り除いたすりごまやごまペーストであれば吸収がグッとよくなります。

秋鮭は色が薄く、脂も軽いのが特徴、フライにしても美味しいですよ。

鮭の皮と骨を取り除いて3~4等分し、めん棒で叩いて薄くします。後はいつものようにフライにするのですが、パン粉をすり鉢で細かくしてオリーブ油で揚げると、かるーい仕上がりになります。この衣はカキフライにもぴったり!。

こんな寒い日には、ほっこりサトイモの煮物は如何ですか?。

サトイモは、泥付きのものを求め、涼しいところに保存します。冷やしすぎは禁物です。綺麗に泥と皮を落としたら、だし汁を使い、弱火でじっくり煮て薄味に仕上げます。火を止め、そのまま味をしみ込ませたら出来上がり!。

ブランド米の種類も増え、選ぶのに迷ってしまうほど。お米はとても優れた食材です。

米飯はたんぱく質としても良質で食物繊維もあり、胚芽の部分にはビタミンB1も豊富に含まれています。でも精米すると胚芽の部分は削られてしまいますので、『麦』を加えてみては如何でしょう。美味しくて健康な毎日は主食から!。

柿は歯ごたえの硬いものが好きですか、それとも柔らかいものが好きですか?。

柔らかくなったら、そのまま冷凍してシャーベットのようにするのもお奨めです。柿はへたで呼吸しているので、塗れたティッシュをへたにかぶせると熟度の進行を抑えることが出来ます。へたが緑色で乾燥していないものが新鮮です。

たんぱく質が不足すると、筋肉量が減ってしまうだけでなく、免疫力も低下します。

100g当たりのたんぱく質量が多いのは、1かつお2鶏ささみ3豚ひれ肉の順です。勿論、他の肉類や魚介類、卵や乳製品、豆類にも含まれています。大事なのは色々な食材から摂る事、また、運動後に摂取するのが効率的です。

アスリートにバナナ、その理由は?。むきやすいというだけでなく・・・。

エネルギー源として優秀で即効性のあるブドウ糖や持続性の高いエネルギー源の炭水化物を多むからです。消化もよく、むくみの解消や血圧低下に効果のあるカリウムも含まれていますから、子どもからお年寄りまでお奨めの万能フルーツです。

ハロウィンといえば、カボチャ!。栄養豊富な優れた野菜、年間通していただきましょう。

カボチャには、抗酸化作用やアンチエイジングの効果が期待されるビタミンE、皮膚や粘膜を強くするカロテンが豊富に含まれています。その他鉄分やビタミンB1、B2、カルシウム、食物繊維などもバランスよく含まれています。

1 2 3 14 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 2017 mom chef club All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.