東京都足立区綾瀬のアットホームな料理教室。講師は元ニッポン放送女性アナウンサー。女性限定、マンツーマンレッスンが特徴。

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

保存食として食卓を支えてきた「乾物」。海や山の旬の旨みを凝縮し長持ちさせる、昔ながらの日本人の知恵です。

料理に「乾物」を使用する事によって、防災力をアップしようという活動があります。災害時には、水道、ガス、電気などのライフラインが断たれ、水を使った調理が難しくなる上、野菜が手に入らず、栄養も偏ります。そんな時活躍するのが「 …

米をとぐ時に使用する水の量は、米の量の10~15倍と言われています。またとぎ汁は河川の汚染の一因にもなっています。

「無洗米」は、予め洗ってあり、とがずにそのまま炊飯器に入れ、水加減して炊くことの出来る米です。ぬかが取れているので保存性がよくなり、白くふっくらと炊き上がるというメリットもあります。無洗米にするには、大量の米を一度に機械 …

専門店が次々にオープンしたり、今までのパン店でも売り始めるなど、『高級食パン』ブームが続いています。

スーパーで売っている「普通の食パン」でも美味しいバタートーストに変身する方法教えます!。まず、4枚切りをを買ったら厚みの半分まで、縦横斜めと4本切り込みを入れます。高温で短時間が基本、トースターを1~2分程加熱したら、パ …

世界で親しまれる果樹「ぶどう」。生食のほか、ワインに干しぶどうにと用途が広いのも特徴です。国産ブドウは、今月下旬まで出回ります。

鮮度の良い上質なブドウを見分けるポイントは、●軸が緑色で張りがあるもの●実の一粒一粒にしわがなく、房全体に隙間がなく整っているもの●全体に色づき『ブルーム』が出ているもの。ブルームとは、果皮に含まれるソルビトールが白い粉 …

『スプラウト』は、英語で「発芽野菜」の事。栄養素が非常に豊富なことから、近年注目を集めている野菜です。

植物の種子は、栄養素が凝縮された状態、その種子が発芽した直後のスプラウトは、光合成により種子の状態では存在しなかったビタミンCが合成され、種子と野菜の栄養素を併せ持つというスーパーな状態になります。特にブロッコリーには、 …

『ウイスキー』の需要が伸びています。国内の消費量の増加と海外での日本のウイスキー人気がその理由です。

ニッカウヰスキーは、2021年までに、余市と宮城の蒸留所の生産設備を増強する事にしました。原酒不足で「余市」や「竹鶴」などの人気商品の出荷制限が続いていたためです。ウイスキー蒸留器といえば、銅板を曲げて製造するのが普通で …

今月のマンツーマンレッスン、味噌汁に瓶詰めの「なめたけ」を加えます。ちょっと変わっていますが、旨みのある汁物になります。

ご存知のように「なめたけ」は『えのきたけ』が材料です。ご飯は勿論、和え物やパスタなど様々に利用できます。独特のぬめりと歯ごたえが特徴の『えのきたけ』は、エノキ、ナラ、カキ、イチジクなどの広葉樹の枯れ木に寄生しますが、大半 …

最近、TVCMで見かけるようになった『MCT』、どんなオイルなのでしょう。スポーツ選手やモデルが使用しており、主成分は「中鎖脂肪酸」です。

「中鎖脂肪酸」は、ココナッツやパームフルーツに含まれている成分で、母乳や牛乳にも含まれています。消化吸収されやすいので、一般的なオイルより4倍速くエネルギーになります。また、分解される過程で「ケトン体』という成分を多く作 …

『ジャンボ落花生』が密かなブームです。普通の落花生の1・5倍程の大きさで、千葉県は勿論、愛知県でも生産されています。

一般には、炒った落花生がおなじみですが、ジャンボ落花生は、枝豆のように塩茹でして食べるのが最高!のようです。殻つきのまま、落花生が浸るくらいの水と3~4%の塩を入れた鍋で、20~30分中火で茹でます。火を止めて10分ほど …

高級魚として名高い『ノドグロ』は、秋から冬にかけてが一番の旬!。ノドグロは通称で、標準和名は「アカムツ」。キンキやキンメダイなど赤い魚は美味で高級魚が多いですが、中でもアカムツが最も高価・・・。

ノドグロ(アカムツ)が、今のように注目されるようになったのは、2014年全米オープンテニスで準優勝した錦織圭選手が「ノドグロが食べたい」と言った事がきっかけとか。喉の奥が黒いのが特徴ですが、脂がのっている割にはカロリーは …

1 2 3 38 »

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 2017 mom chef club All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.